ビーグレンの口コミ【シミ編】悪評の理由|逆効果な使い方とは

ビーグレン シミ対策トライアルセットの口コミについて

ビーグレンは皮膚への浸透技術研究から生まれ、その実感力が話題となっているサイエンススキンケアです。

 

 

SNSなどでも見かける事が多いビーグレン。

 

QuSomeと呼ばれる独自の浸透技術を化粧品に応用し、肌悩みの元まで届けるという画期的なスキンケアだそうです。

 

広告などを見ると「ひょっとして今まで使っていた化粧品は全然浸透していなかったの…?!」とショックも覚えつつ、

 

  • ビーグレンならずっと悩みの種だったシミも消せるのかな?
  •  

  • 大絶賛されてるけど、悪い口コミはないのかな…

 

こんな事が頭をグルグルしちゃったりする私(40代)の様な方は少なくないんじゃないかと思います。

 

そこで!

 

ビーグレンの実態を知るべく口コミを調べ、シミ用トライアルセットを取り寄せて使ってみた感想を紹介していこうと思います。

 

「却って逆効果」な使い方についても触れていますので、どうぞご覧くださいませ♪

 

 

ビーグレン トライアルセット(ホワイトケア)の口コミ まとめ

ビーグレンシミ口コミ悪評

 

 

正直トライアルセットだけではあまり効果を実感できずいいのか悪いのかさえも分かりません。。。

 

ちょっとでも効果が出れば本品を購入しようか検討しましたが、全然効果も出なかったので違うものを試そうと思っています。。。

 

(30代 乾燥肌)


口コミ引用元:@cosme

 

クレイウォッシュは角栓が取れて、スベスベになったけれど。

 

ローションとクリームだけではベタつくわりに乾燥するし。

 

Cセラムとホワイト2.0を加えると更にベタベタするし。

 

水分を補いたいのに油分ばかり乗せている感じで、インナードライ解消とはいきませんでした。

 

(50代 乾燥肌)


口コミ引用元:@cosme

 

匂いが独特でした。

 

モイスチャーリッチクリームは甘くて良い香りでしたが、それ以外は匂いがダメでした。

 

(20代 敏感肌)


口コミ引用元:@cosme

 

美容系口コミサイトのアットコスメでビーグレンホワイトケアトライアルセットの口コミを見てみましたが、全体の9%程が悪い評価を付けていました。(※星の数が0から2の物。2021年6月11日現在)

 

客観的に口コミの内容を見てみた所、低評価の口コミには「効果の実感がない」「べたつく/乾燥する」「匂いが気になる」の3点が共通している様でした。

 

高評価の口コミの中にも、探してみると不満の口コミも確かにある様子…。

 

「今度こそシミが消えるかも」と期待して手に取ったのに、効果の実感がなかったり合わなかったりするとやっぱりショックだし非常に残念ですよね。

 

う〜む。

 

ビーグレンシミ口コミ

 

学生時代に日焼け止めをサボっていたせいで20代にしてシミが出てきたのが気になって、このトライアルを購入しました!

 

たった一週間だったけどシミが一週間前より薄くなっていて感動したので早速口コミしてます♪

 

変化がすぐに出るので毎日使ってて鏡を見るたびに嬉しくなります!

 

(20代 乾燥肌)


口コミ引用元:@cosme

 

年齢とともに感じる色素沈着や肌のくすみをどうにかしたくてこちらを購入しました!!!

 

トライアルセットなので値段もすごくリーズナブルで挑戦しやすい価格でした!!!

 

ご本セットで一つ一つの商品説明がすごくわかりやすくとても使いやすかったです!!!

 

どの商品もすごくよく私の肌に合っているのか翌日の保湿力や1週間経った後の若干肌が白くなってるような感じがとてもいいなと思いました!!!

 

すごく良い商品だったので本品を購入しようと思います!!!

 

(30代 敏感肌)


口コミ引用元:@cosme

 

美白成分のハイドロキノンが入っているものを探していて、ビーグレンにたどり着き、まずはお試しセットを使ってみました。

 

(途中略)

 

まずセットが届いた日に、付いていたパックを含め全て使用したのですが、翌朝顔のくすみが抜けているのにびっくりしました。

 

肌が明るく見え、洗顔した時に肌がつるっとしていて、乾燥は緩和され、ツヤツヤして見えました。

 

何度も鏡を見て嬉しくなりました。

 

こんなにすぐに実感できるとは思っていなかったですし、お肌の調子がいいと気分がいいです。

 

(40代 乾燥肌)


口コミ引用元:@cosme

 

これを使って1週間くらいで肌全体がワントーン明るくなって透明感のある肌になってきた気がします!

 

効果を得られるのが全体的に早いので続けられる(*^^*)

 

(30代 混合肌)


口コミ引用元:@cosme

 

透明感のなくなった肌に飽き飽きしてましたがホワイトケアのおかげでだいぶお肌が綺麗になりました\(^o^)/

 

恐らくクリームが透明感を出してくれて洗顔は肌の表面の汚れを落としてくれる効果があるのですが私は洗顔だけでかなり顔が明るくなった気がします!

 

毎日使っていくと化粧水が今毛穴にじわじわ浸透してるってわかるようになりました!今までどんだけ汚れが溜まってたの?と思いました!

 

(30代 普通肌)


口コミ引用元:@cosme

 

↑話題の美容液3種がお得に試せるトライアルセットです↑

 

ビーグレン使ってみました!使い方もここでチェック!

ビーグレン口コミトライアルセット1シミお試し

 

良い口コミも悪い口コミもあるビーグレン。

 

良い口コミの方が多いのは事実だし、やっぱり自分で実際に使ってみたい!という想いから、トライアルセットを購入してみました。

 

注文したのは「スキンケアプログラム トライアルセット 1」で、肌のトーンや曇り、黒ずみなどのホワイトケア用となっています。

 

シミもくすみも気になっている私(40代)にはまさにピッタリのお試しセット!

 

▼ポスト投函される「ゆうパケット」で到着したビーグレンのトライアルセット1
ビーグレンシミ口コミ外箱

 

お留守にしていてもポストで受け取れるのが便利ですよね。

 

外箱の大きさは、たて22、よこ30.5、厚さ3センチ位。

 

(横に置いてあるのは比較のためのスマホです)

 

ポストが小さ目で入らない場合は手渡しとなるようです。

 

(不在の場合は不在票が入るみたいですね)

 

▼外箱は抗菌素材使用だそうです。(こんなの初めて!)
ビーグレン抗菌

 

▼しかも「おてふき」まで付いていた…
ビーグレンおてふき

 

『配送箱開封後のお手拭きにぜひご使用ください』


 

▼今回届いたトライアルセットとサンプルの全て
ビーグレンしみホワイトケアトライアルセット

 

トライアルセット(全5アイテム)の他に、

  • QuSomeレチノA(1週間分)
  • リセットマスク(1回分)
  • クレイローション(1回分)
  • QuSomeホワイトエッセンス(1回分)
  • QuSomeモイスチャーゲルクリーム(1回分)

 

こんなサンプルの数々が一緒に届いたので、ビーグレンの他のアイテムも試せる!と大変得した気分になりました。

 

▼使い方のサポートも万全
ビーグレン口コミ使い方

 

@洗面台にも置いておける「使用ステップ」シート:目安量も画像で分かりやすい

 

A使う順番を貼っておけるシール:同じ大きさのチューブ類もこれなら順番を間違えなくて済む

 

B使い方動画にアクセスできるQRコードが入った取り扱い説明書

 

使う時に浮かぶ疑問をその場で解決してくれる工夫がいっぱい!と感じました。

 

前置きが長くなってしまいましたが、ここからお試しレビュー 一気に参ります。

 

逆効果になってしまいそうなポイントをちょいちょい入れてますのでご確認ください!)

 

クレイウォッシュ

 

 乾いた肌ではなく、濡らした肌にこすらずのばせばOK。

 

力を入れてこすりすぎるとヒリヒリする可能性あり!→逆効果ポイント@

 

これまで使った事のある泥洗顔とは違い、ビーグレンのクレイウォッシュは泥っぽさが全くないツルツルしたテクスチャでした。

 

泡立てずに、濡れた肌に伸ばすだけで良いので実際本当にお手軽です。

 

すすぐと皮脂もザラツキもスッキリとれ、素焼きの陶器のような質感に。

 

なんでも浸透しちゃいそうなまっさらな肌になるので、次の化粧水は良いものを付けてあげたくなります。

 

QuSomeローション

 

見た目何の変哲もない化粧水ですよね。(失礼・・・)

 

容器を逆さにして化粧水を振り出す感じになるので、量の調整はちょっと難しいかもしれません。

 

少なめに出たり、意外に多めに出てしまったり…。

 

(お試しサイズだから仕方ないのかな)

 

「17時間保湿」出来るって本当なの?という疑問がわいたので、洗顔後このQuSomeローションだけで過ごしてみるという実験をしてみました。

 

結果、朝から晩までクリーム類無しでも結構大丈夫な感じでした!

 

他の化粧水ではこうは行かないので、保湿力は確かにある方だと思います。

 

つけた直後はしっとり、でも浸透するとサラサラに変わります。

 

Cセラム

 

 容器を強く押すと出しすぎて、量が多すぎると乾燥してしまう可能性あり!→逆効果ポイントA

 

美容液と言うより、とろみのある化粧水かオイルっぽいテクスチャ!

 

容器をビュッと押すと出しすぎになっちゃうのでお気をつけ遊ばせ。

 

お風呂上りに使ったら「ポカポカ温感」は感じなくてちょっと残念。

 

肌にツヤが出て、イキイキとさせてくれる感じがしました。

 

QuSomeホワイト2.0

 

 夜だけのお手入れ専用となっています!

 

紫外線との相性があまり良くなく、日中の使用は肌への刺激になってしまう可能性があるそう…。→逆効果ポイントB

 

実はこのハイドロキノンをお試ししたくてホワイトケアのトライアルセットを買ったと言っても過言ではない程…。

 

刺激を感じやすい成分と聞いていたので初めて使う時はドキドキでしたが、トラブル皆無で使えて一安心です。

 

セラミドが入っているのも納得の保湿感で、私は化粧水とこのQuSomeホワイト2.0だけで十分しっとりを味わえました。

 

翌日の肌に透明感を感じたのは、この保湿のお蔭かな〜。

 

QuSomeモイスチャーリッチクリーム

 

塗ると、ほわ〜っとレモンクリームみたいな香りのするクリームです。

 

少な目の量でもすーっと薄く伸びるのでコスパは上げられそうな予感。

 

しばらくするとサラサラして肌の表面が滑らかな感じに。

 

QuSomeレチノA

 

 重ねづけする場合はCセラム→レチノA→ハイドロキノンの順だそうです!

 

おまけで付いてきたレチノA。

 

配合されているレチノールは、コラーゲンの生成や肌のターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)をサポートし、エイジングケアにもひっぱりだこの成分だそうです。

 

人により刺激を感じる事もあるそうですが、QuSomeカプセルに包まれているせいなのか、私はピリピリも感じず、普通の美容液感覚で使う事ができました。

 

保湿力もあるので、真冬以外は化粧水とレチノAだけでも大丈夫そうです。

 

個人的には年々頬がこけて下がっているのが気になっているので、レチノAでコラーゲンサポートできたらいいな〜という願望がふつふつと湧いていたりします…。

 

シミへの効果は?

ビーグレンシミ効果

 

ビーグレンのホワイトケアを使うとシミにどんな効果があるのか?!

 

そこが一番気になる所だと思うのですが、私の場合、ぶっちゃけて言うと「シミには効果なし」でした。

 

頬骨のところに無数に広がるシミも、ほっぺの下あたりにポツポツと目立っているシミはどれも以前と同じように確認できちゃいます。

 

で、「ビーグレンの美白もやっぱりダメか…」と落ち込んでいるかと言うと実はそうでもないんですよね。

 

というのも、QuSomeホワイト2.0クリームを単品で使ってみた翌朝は、肌になんとも言えないみずみずしさがあり、その透明感から「シミ薄くなった?!」と思えるほど。

 

洗顔した時も肌がツルツルしていてお化粧のノリも良く、月並みな表現ですが「肌の調子が良い♪」を実感してしまいました。

 

この透明感と美肌感を1回の使用で感じた事により、私のQuSomeホワイト2.0に対する信頼感は一気に上がってしまい、「使い続けてみたいな」という気持ちになってしまいました。

 

ビーグレンシミ効果

 

こんなに手ごたえを感じた美白コスメはビーグレンが初めてです。

 

もっと早くお試ししておけば良かったと後悔するほど。

 

今まではビタミンC誘導体やアルブチン、プラセンタ等々…薬用美白コスメを次々と使い倒して来たものの、今一つ実感がないまま「予防も大事だし」と美白コスメを塗るのがが習慣になっていました。

 

(薬用美白コスメの効能ってあくまでも「シミ・そばかすの予防」なんですよね…。)

 

ビーグレンのハイドロキノンはそんなマンネリ化した私の美白ライフにパーッと光を当ててくれた存在と言えます。

 

 

 

ビーグレン トライアルセット1 私のおすすめ3アイテム!

 

お試しの段階で「これは誰かに勧めたい!」と思えるアイテムがありましたのでご紹介しちゃいます。

 

QuSomeホワイト2.0

 

ビーグレンのハイドロキノンが私の中ではぶっちぎりの1位!

 

刺激もなく、翌朝は透明感でクリアな肌&しっとり感をもたらしてくれました。

 

使い続けて今後の様子を是非確かめてみたい…。

 

クレイウォッシュ

 

全然ノーマークだったんですが、ザラツキがすっかりなくなり、肌のすべすべ感がものすごく気に入りました。

 

これだけでくすみ抜けを実感したという口コミも納得できる程、かなりのスッキリを味わえた感じです。

 

Cセラム

 

塗った時の肌のイキイキ弾むような感じで、「使い続けたらいいことありそう♪」なんて予感を感じたのがこのCセラム。

 

子どもの授業参観日の前日には忘れずに使いたい!と思える一品です。

 

▼私のTOP3はこちら
ビーグレンおすすめ

 

 

私は、トライアルセットを買った時はとりあえず単品で使う事にしています。

 

ライン使いすれば良い事は重々承知なんですが、単品で使った方がそれぞれのアイテムとの相性も良く分かるし、どれを現品リピするか考える時に選びやすいんですよね。

 

そんな単独のお試し方法で、私の場合はこの上に挙げた3つが現品リピートの候補になっています♪

 

納得の行った所でホワイトケアをライン使いしてみましたが、浸透力に優れた美容成分の重ねづけが出来てそれはそれはリッチな気分を味わいましたよ!

 

 

悪い口コミ 検証してみましょう

ビーグレンシミ口コミ悪い口コミ

 

ビーグレン・ホワイトケアのトライアルセットには「効果の実感がない」「べたつく/乾燥する」「匂いが気になる」という悪評もありましたよね。

 

私自身は大満足のお試しができたと喜んでいるのですが、実際に使ってみてこんな点が悪い口コミにつながっているのかもと思い当たる事がありましたのでここで検証していきたいと思います。

 

べたつく又は乾燥する

 

ビーグレンホワイトケアの口コミでは「べたつく」と「乾燥する」といった真逆の感想が見られました。

 

確かにホワイトケアのアイテム全体に言えるんですが、付けた直後はどちらかと言うとしっとり(=べたつく)物が多いと思います。

 

肌が乾燥気味の方にとっては「とってもしっとり」となると思うんですが、そこまで乾燥が進んでいない人にとってはベタベタと感じるかもしれません。

 

化粧水(QuSomeローション)の成分を細かく見てみるとアルコール(エタノール)が配合されていないので、これまでエタノール入りですーっと揮発しやすいタイプの物を使っていた人も「なんかべたつく」と感じる可能性が高いような…。

 

ビーグレン口コミべとつく悪評

 

 

一方、「乾燥する」の口コミにも私はちょっと共感できるところがあって、実は付けた直後はちょっとべとつくかな?と感じるテクスチャでも、時間がたつと「サラサラに変化する」アイテムも多いんですよね。

 

私の場合は化粧水(QuSomeローション)とクリーム(QuSomeモイスチャーリッチクリーム)がしっとり→サラサラを感じやすかったです。

 

「時間が経つとサラサラになる」というのが私の感想なんですが、人によりこのサラサラが「乾燥する」という風に感じられるかもしれません。

 

このサラサラ感は、ナノサイズの浸透技術(QuSome)を採用しているビーグレンだけあって、浸透力に優れている証なんじゃないかと私は勝手に思っているのですが…。

 

テクスチャもコスメの大事な要素なので、無理をして使い続ける必要もないかな?と思います。

 

ビーグレンのお試しでお肌が上向いているのが確認できたら、例えば最後のクリームはお手持ちのもっと保湿感のあるタイプと併用してみたりすると満足度も上がるんじゃないかと思います。

 

匂いが気になる

 

この口コミも使っていてとても共感してしまいました!

 

私の場合、Cセラムはなんか金属のような、鉄の様な匂いに感じますし、ハイドロキノン(QuSomeホワイト2.0)は七味みたいな匂いに感じます。

 

(ハイドロキノンは付けていると「緑のた〇き」を食べたくなっちゃう…!)

 

ビーグレン口コミ匂い

 

ビーグレンのホワイトケアは香料が配合されていないので全て原料からくる匂いだと思うんですが、まさかスキンケアで鉄や七味を連想するなんて思ってもみなかったです。(笑)

 

どちらの匂いも塗っている時だけ香る感じで、つけてしまえば全然気にならないんですが、ずっと匂いが気になる場合は使用は中止した方が良いですよね。

 

匂いは五感のうちの1つなので、好き嫌い分かれると思います。

 

 

効果の実感がない

 

これは特に美白系のコスメには良く見られる口コミだったりするかも…。

 

シミについては私も色々と調べた過去があるんですが、一般のご家庭で対処できるものと出来ない物があるのは事実みたいです。

 

例えば、輪郭が濃くはっきりしているシミやシミの部分がイボのように盛り上がっているもの(脂漏性角化症と言うそうです)は専門家によるレーザー治療でないと太刀打ちできないようなんです。

 

なので、美容外科に行ける方は行っちゃった方がぶっちゃけ早く悩み解決できますよね、きっと。

 

 

美容外科などには行かず、自分でシミに挑んでみたい方(私もここに該当)はビーグレンのハイドロキノンを始め、肌の調子を整える数々のアイテムを使ってみると良いのではないかと思います。

 

私はビーグレンで「これいいかも!」と直感のような物を感じたんですが、「使っても何一ついい事ない」なんて場合は無理して使い続ける事もないかな、と思います。

 

うまく説明できないんですが、コスメにはフィーリングの様な物もあると思うし、合うか合わないか見るためにあるのがお試しだと思うんですよね。

 

自分に合うスキンケアは自分の肌で探す、みたいな所があると思うので、お肌の調子が良い時(生理後の安定している時期がおすすめ!)に気になるコスメはどんどんお試ししていくと良いと思いますよ!

 

お試しだけならリスクも最小限ですし・・・。

 

最高のスキンケア探し、頑張りましょう、オー!!!

 

 

 

ビーグレン 何がそんなに良いのかな?成分?

ビーグレン口コミ成分

 

ビーグレンは愛用者の口コミでどんどん広がっていったスキンケアだそうです。

 

星の数ほどある基礎化粧品の中でどうしてビーグレンがここまで話題になっているのか?ちょっと不思議と感じている方もいらっしゃるでしょう。

 

そこでこのコーナーではビーグレンの人気の秘密(=成分)について大まかに見て行こうと思います。

 

クレイウォッシュ

 

日本産の超微粒子・天然クレイ「モンモリロナイト」が余分な皮脂や古い角質などを吸着してくれます。

 

▼モンモリロナイトはこんな白っぽいクレイだそうです

 

グリチルリチン酸ジカリウムやスクワラン、カモミラエキス、ヒアルロン酸も配合しているのでお肌しっとり、健やかな洗い上りに。

 

 

QuSomeローション

 

砂漠と言う過酷な環境でも水分を抱え込むことができる「エクトイン」配合。

 

他に、セラミド産生をサポートしてくれるアミトース3LGAやビタミンC誘導体、肌荒れを防ぐアラントインなども入っています。

 

保湿パワーのみならず、肌の調子を整えてくれるような成分が複数配合されているようですね。

 

 

Cセラム

 

主要成分であるピュアビタミンCは即効型ビタミンCとか活性型ビタミンCと呼ばれ、付けたらすぐビタミンCパワーを発揮してくれるそうです。

 

紫外線にあたると活性酸素は数分で出来上がり、シミやシワの原因になってしまうそうですので、待ったなしで活躍してくれるのは嬉しいですよね。

 

 

QuSomeホワイト2.0

 

シミの予防だけでなく、出来てしまったシミにも効果が確認されているハイドロキノンを配合。

 

メラニンの産生をブロックしてくれるTGB2やアミトースも入っているので「ホワイト」と言う名前がぴったりの美容液かと思います。

 

 

QuSomeモイスチャーリッチクリーム

 

惜しみない保湿感を与えてくれる「AgeCapSmooth」を始め、透明感やハリ・弾力をサポートするスキナーク、ポリアミンなどエイジングサインが気になっている方にピッタリの成分配合。

 

「AgeCapSmooth」はビーグレンが日本で初めて採用した保湿成分だそうですので、未知の保湿体験にちょっとワクワクしちゃいますね。

 

 

QuSomeレチノA

 

3種類のビタミンA(レチノール)とEが年齢サインに浸透してハリ・ツヤが出ると話題となっています。

 

ホワイトケアに追加で付いてくるアイテムで、ビタミンCとハイドロキノンとの組み合わせをお試しできるようになりました!

 

 

こういった魅力的な配合成分と合わせて特筆すべきなのがビーグレン独自の浸透技術「QuSome」。

 

キューサムと読むのかな、と勝手に思っていましたが、キューソームと読むのが正しいみたいです。

 

▼ビーグレンのQuSome(右)はこんなに浸透するらしい

 

もともとは製剤を皮膚に浸透させる研究をしていたブライアン・ケラー博士が、肌の悩みにため息をついている奥様の為に浸透技術を応用して美容液を作ったのがそもそもの始まりだそうです。

 

奥様があれこれ使っていたスキンケアはケラー博士曰く「浸透しないから使っていても意味がない」物だったそうですよ。

 

このエピソードを知ると、「私がこれまで使っていたスキンケアも実は浸透してなかったのかな」と軽い恐怖を覚えちゃいますよね。

 

QuSomeは美容成分を超微小なカプセルに包み込み浸透させる技術だそうですが、このカプセル、毛穴の1,333分の1の大きさなんですって!

 

毛穴1つの中に1,333個のカプセルが入り込めるぐらいの大きさなので、小さすぎてちょっと理解不能な位のサイズですよね。

 

 

ビーグレンは、効果的な成分を悩みの元まで安定的に届けることで次々と愛用ユーザーさん達を獲得してきたのでしょう。

 

ここまで知ってしまうとビーグレンの人気はもはや当然の成り行きとも言えそうです。

 

トライアルセットお得にお試しするには?

ビーグレントライアルセットお試しお得

 

シミ対策にビーグレンを使ってみよう!と思い立ったら、まずトライアルセットでお試ししてみたいと思いますよね。

 

ビーグレンではシミやくすみにお悩みの方向けに「ホワイトプログラム1」というトライアルセットを販売しています。

 

このトライアルセット、現品換算すると9,185円相当の物が1,980円(税込み)となっていて、なんと78%OFF価格!

 

ビーグレントライアルセット1

 

これはもう買って使ってみなきゃ損!というレベルでもありますよね。

 

ただ、激安大好きの私としては「もっと安く買える通販とかないかな?」と言う疑問が頭の中をグルグルしてしまったので、ネット上で価格調査をしてみることにしました!

 

価格比較の為にチェックしたECモール、ネット通販は:

 

  • 楽天
  • amazon
  • Yahoo!ショッピング

 

この3つです。

 

検索画面を見てみると、2か月用とかの現品は公式出品も一般ネットショップの出品(いわゆる転売品)はかなりあるんですよね。

 

▼楽天の画面

 

ただ、「トライアルセット」の取り扱いは全滅…という感じで、取り扱っているネット通販はひとつもありませんでした。

 

なので、ビーグレンのトライアルセットは公式サイトからのみ買えるお得なセットとなりますね。

 

公式サイトからなら品質管理も万全ですし、古くて使用期限が迫っている物が届くなんて心配もないので安心して購入できますよね!

 

(しかも送料無料で返金保証もついています)

 

ビーグレン 店舗での取り扱いは?

 

ビーグレンでのシミ対策を今すぐ始めたい!という方に朗報です!

 

通販専用で販売を始めたビーグレンですが、2021年からコスメショップなどでの店頭販売がスタートしているんですよ。

 

SNSなどで気になっていたビーグレンが、実際に手に取って見る事ができ、その場で買えちゃうのはとっても嬉しいですよね。

 

ビーグレン 店舗

 

↑詳しくはこちらのページでまとめてあるのでチェックしてみてください。

 

なお、お店によって取り扱いアイテムに違いがあるので予め在庫の有無を確認してから出向いた方が無駄足にならなくて済むと思います。

 

ちなみに私は行けそうなお店に電話で確認してみた所、そのお店ではトライアルセットの取り扱いが無かったです…。

 

 

お得な定期便&定額サービス(IBIM)

ビーグレン口コミ定期

 

ちょっと気が早いかもしれませんが、現品リピート時にぜひ検討したいビーグレンの定期便と定額サービス(IBIMスキンケアサービス)についてここでちょっとご紹介してみようと思います。

 

定期便

 

ビーグレンも他の通販コスメと同じように定期便のシステムがあります。

 

定期便の特別割引

 

定期便の最大の魅力は定期の特別割引ですよね〜!

 

ビーグレンでは、

 

商品代5%割引(1品の場合)

 

商品代10%割引(2品以上の場合)

 

こんな割引が適用になります。

 

▼購入点数により2種類の割引率がある

 

ビーグレンの商品は5,000円以上するものも少なくないので、5%の割引もあなどれない!

 

例えば、ハイドロキノン(QuSomeホワイト2.0)は6,600円なのですが、5%引きで6,270円、10%引きで5,940円(税込み)になります。

 

定期便の解約はいつでも自由にできる事を考えると、とりあえず1回リピートの場合も定期便で申し込んだ方がお得ですよね。

 

(浮いたお金でデザート1〜2品買えちゃう♪)

 

また、運送業界の編成によって最近は送料無料で送ってくれる通販も減ってきているのが現状だと思うのですが、ビーグレンは日本全国どこでも無料で届けてくれるのが嬉しいサービスかと思います。

 

ちなみに代引き手数料もかかりません。

 

解約自由

 

ビーグレンの定期は申し込んだからと言って〇回は受け取らなくちゃいけないといういわゆる「縛り」はありません

 

次回お届け予定日の5日前までに電話で解約したい旨を伝えれば次回からのオーダーはストップできるそうですよ!

 

お届け周期

 

受け取りの間隔は

  • 30日
  • 45日
  • 60日

 

3つのオプションから可能です。

 

複数アイテムを注文していて使い切るのに差が出ちゃう事もあるかと思いますが、一回お休みやオーダー内容の変更もお届け予定日の5日前なら可能です。

 

公式サイトの「マイページ」からなら空いている時間にちゃちゃっと処理できますので利用してみると良いですね。

 

IBIMスキンケアサービス

ビーグレンIBIM

 

スキンケアにもサブスクを取り入れちゃうのがさすがビーグレンという気がしますが、毎月決まった金額でお得にリピートできるのがIBIMスキンケアサービス。

 

ビーグレンの定額制は月額(税込み)で

 

  • 3点コースで7,400円
  • 4点コースは9,400円
  • 5点コースは11,400円 

 

となっています。

 

デンタル製品以外どれでも選び放題で、最大44.9%割引も可能と言う事なので、複数アイテム購入を考えている人は絶対お得ですよね。

 

しかも、2点を定期で買うよりもIBIMで3点コースで買った方が安くなる場合もあるので(驚!)気に入ったアイテムがある方は是非検討してみてくださいね!

 

アンプルール、ディセンシアサエルとの比較

 

このコーナーではビーグレンと比較される事の多いアンプルールとディセンシア・サエルの美容液について違いなどを見て行きたいと思います。

 

比較したのはこちら:

 

  • アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
  • ディセンシア サエル ホワイトニング エッセンス コンセントレート EX
  • ビーグレン QuSomeホワイト2.0

 

お値段比較

 

アンプルール ディセンシア サエル ビーグレン
11,000円(8,800円) 8,250円(7,425円) 6,600円(6,270円)
夜のみ使用で約1〜1.5か月 朝晩使用で約1.5か月 夜のみ使用で約1か月
スポット(部分)使用 全顔使用 全顔使用

 

パッと見一番コスパが良いのはビーグレンですが、1.5か月分で計算すると9,900円となります。

 

使う量はどうしても個人差が出てきてしまうので、ここは参考程度で見ておくと良いと思います。

 

全顔に使えて一番コスパが良いのはディセンシアサエルですね…。

 

配合成分

 

アンプルール ディセンシア サエル ビーグレン
新安定型ハイドロキノン クレンズビタミンC 即効型ハイドロキノン
ハイドロキノンをBCDACで包みマイクロカプセル化 シミの元メラニンの生成を抑制。

敏感肌でも使えるヴァイタサイクルヴェール採用

ハイドロキノンとQuSome技術を掛け合わせ、ナノサイズで浸透

 

アンプルールとビーグレンはハイドロキノンを配合していますが、ディセンシアサエルは美白有効成分としてクレンズビタミンC(ビタミンC誘導体と油溶性カンゾウの混合体)を使用しているようですね。

 

アットコスメでの評価

 

アンプルール ディセンシア サエル ビーグレン

4.4

5.4

5.0

 

美容系口コミサイト「@cosme」での評価を見てみると、ディセンシアサエルの美白美容液が一番ポイントが高いですね。

 

美容液3メーカー 比較まとめ

ビーグレンアンプルールディセンシア比較

 

アンプルール

 

アンプルールはナノサイズとまではいかないものの、ハイドロキノンをマイクロカプセル化し、安定的に浸透させているのが特徴と言えるでしょう。

 

化粧水や美白クリームにもハイドロキノンを配合しているので、ハイドロキノンの重ねづけで結果を出したい方には最適のドクターズコスメかと思います。

 

7日間のトライアルキット(1,500円)ではスポット美容液の他に化粧水、美容液、乳液、美白クリーム・クレンジング・洗顔料(各2回分)がお試しでき、30日間の返金保証も付いています。

 

▼アンプルールのトライアルキット

 

●アンプルール トライアルキットはこちら

 

ディセンシア サエル

 

サエルは「美白コスメは刺激を感じやすい」という敏感肌ユーザーの声から誕生したスキンケア。

 

低刺激の美容成分を使用し、敏感肌に多い「肌のバリア機能低下」をサポートする独自の技術を採用しています。

 

これまで「美白コスメはどうしても合わずに諦めていた」、「敏感肌を自覚している」という方にピッタリなのがサエルと言えるでしょう。

 

10日間のトライアルセット(980円)では、美容液の他、化粧水、クリーム、CCクリーム(1回分)がお試しできます。

 

30日間の返金保証がついている点はアンプルールと同じですね。

 

▼ディセンシア サエルのトライアルセット

 

●ディセンシアサエル トライアルセットはこちら

 

ビーグレン

 

これまでの美白コスメで手ごたえを感じなかった…という方におすすめなのがビーグレン。

 

ナノサイズのQuSomeカプセルが悩みの元までしっかり浸透してくれるそうです。

 

ハイドロキノン配合のQuSomeホワイト2.0に、Cセラム(ピュアビタミン配合)とQuSomeレチノA(ビタミンAとE)のお手入れをプラスすると美容クリニックで処方されるのと同じ成分配合が可能となり、愛用ユーザーも多いようですよ。

 

7日間のトライアルセット(1,980円)ではこの美容液トリオの他に、クレイ洗顔、化粧水、クリーム、(+おまけ)もお試しできます。

 

(おまけは期間により変わっているので、最新の情報は公式サイトでお確かめくださいね)

 

返金保証がついているのは他の2つと一緒ですが、365日間保証が有効であるのはちょっと驚きですよね。

 

●ビーグレン ホワイトケア トライアルセット(美容液3点付き)はこちら

 

よくある質問

ビーグレンシミ口コミ良くある質問

 

このコーナーでは、ビーグレンのホワイトケアについて購入前に確認しておきたいことやよくある質問についてQA方式でまとめてみました。

 

 

 ビーグレンでシミは消えますか?

 

 これは美白系と言われているコスメを購入する時にいつも浮かんでくる疑問ですよね。

 

極論を言ってしまうと、確実にシミが消える、又は薄くなるのは美容外科のレーザー治療じゃないかと思います。

 

クリニックの広告などでもビフォーアフターの写真が載っていて、シミが薄くなったり消えているのが良く分かりますよね。

 

私の場合はこういったレーザー治療を受ける予定はないので、口コミで話題のビーグレンを買って試してみた感じです。

 

ハイドロキノンは一昔前はお医者様からしか処方してもらえない美白剤だったそうですが、ビーグレンはQuSome技術でナノサイズのカプセルで包み込んでいるという事で安心してお試しできました。

 

お試しの1週間でシミが消えたりはしなかったんですが、肌に透明感を感じ、しばらく使い続けてみたいな、と思いました。

 

私の様に、美容外科を利用する予定の無い方や、毎日のお手入れでシミ対策してみたい方はお試ししてみると良いと思いますよ!

 

 

 白斑ができないか心配です

 

 白斑(白抜け)もコスメ購入時に気になる事の一つかもしれません。

 

ハイドロキノンは既に出来てしまった色素沈着にも効果的と言われている成分で、高濃度の物を使用すると白斑ができる可能性もあるそうです。

 

4%程度なら心配ないという情報もあり、ビーグレンのQuSomeホワイト2.0は2%なのでリスクもそれほど高くないかなと個人的には理解しています。

 

白斑は美白コスメで発症するイメージもありますが、実は遺伝性や免疫系がうまく働かない事も原因の一つと言われているようです。

 

白斑を心配しながらお手入れを続けるのも精神的に辛いと思うので、やはり気にかかる…と心配な方は使用しない方が良いのではないかなと思います。

 

シミはコンシーラーなどを使ってカバーする事もできますしね。

 

 

 ビーグレンでニキビが出たり、皮膚が赤くなったりピリピリするという口コミを見かけたのですが…

 

 こういう内容の口コミを読むと結構ショックを感じますよね。

 

色んなスキンケアの口コミを読んでみると分かるのですが、たとえ人気のコスメでも合わなくて皮膚トラブルが発生しているケースは僅かながら存在している事が多いです。
なるべく多くの人が安全に使えるように各メーカーも低刺激にこだわったり、不必要な成分を極力排除していたりするんですが、残念ながら合わないという事は起こりうるんですよね。

 

こういう状況は避けたいのはみんな一緒だと思うので、気になる方は二の腕などに塗ってみてパッチテストをしてみると良いと思いますよ。

 

なるべく肌のやわらかい所に塗って反応が無ければ安心して使えますよね。

 

ビーグレンでは365日の返金保証を付けているので、万が一合わなかった場合も商品代を返却してもらう事が可能です。

 

一般の店舗で市販されているコスメは開封後は返品できないのが一般的ですが、ビーグレンは使用後でも返品して返金を受ける事ができるのでお試ししやすいですよね。

 

また、24時間カスタマーサポートがついていますので、使い方など疑問に思ったことは電話やメールで問い合わせてみるのも良いと思います。

 

 

 ビーグレンホワイトケアのトライアルセットには何が入っているんですか?

 

 スキンケアプログラム1には、クレイウォッシュ(洗顔料)、化粧水、Cセラム、ハイドロキノン、クリームの5点に、最近はレチノAというレチノール配合の美容液がおまけで付いているようです。

 

CセラムはピュアビタミンCが配合されているのですが、このビタミンCもシミケアのスキンケアに配合されることが多い人気の美容成分ですよね。

 

レチノールは肌のターンオーバーを促進し、エイジングケアにも良く配合されている成分だそうです。

 

シミやくすみが気になる方にはハイドロキノンにビタミンCとレチノールの複数使いが効果的のようですので、お試しで実際に使えるのは嬉しいですよね。

 

 

 どんなシミにも有効なんでしょうか?

 

 シミの中でも、濃く定着してしまった物やイボのように盛り上がってしまっているような種類の物は一般のご家庭でのケアは難しいようです。

 

これ以上シミを増やさないことも課題となってくると思うので、日焼け止めやメラニン生成を抑制してくれるコスメで毎日お手入れしていくことが大切かと思います。

 

 ビーグレンはドラッグストアでは売っていないんですか?

 

 はい。マツキヨやサンドラッグ、ツルハドラッグなどと言ったドラッグストアには流通していないようです。

 

 

 ビーグレンの口コミはステマですか?

 

 口コミのステマ疑惑は正直良く分からないですよね…。

 

アットコスメではこういったステマを防止するために投稿者の本人確認を進めているみたいです。

 

「シミがあっという間に消えた!」みたいな口コミは個人的にはちょっと疑ってかかってしまいますが、良い口コミも悪い口コミもあくまでも参考として読むことが大事かなと思います。

 

 

 ビーグレンの値段って高いですよね。

 

 確かに、商品価格を見てみると、プチプラではないですね。

 

スキンケアのコストがあまりにも予算オーバーしていると使うたびに気が気でないと思うので、あまり無理はおすすめできません。

 

ビーグレンにも5%〜10%割引になる定期コースや毎月定額でスキンケアを続けられる「IBIMスキンケアプログラム」もあるので、これなら続けられる!と言う方は詳細をチェックしてみて下さいね。

 

また、ビーグレンのトライアルセットは、例えばホワイトケアなら現品換算の78%OFFで1,980円(税込み)なのでお試しだけでも使ってみる価値はあるのではないでしょうか?

 

トライアルセットは全部で6種類あり、種類が違えばお一人様いくつでも購入する事ができるそうです。(最大で6個買えますね)

 

 

 ビーグレンって本当に返品できるのでしょうか?

 

 はい。口コミサイトなどでも「返品した」と言っているユーザーさんがいらっしゃいました。

 

品質に満足できなかったり、合わなかった場合、購入から365日以内だったら保証がついているそうですのでカスタマーサポート(0120-329-414)に連絡してみましょう。

 

 

 効果が出るまでどの位かかるのでしょうか?

 

 コスメの効果ってやはり購入前に気になる事の一つですよね。

 

口コミなどの体験談などを見ると、お試し中に効果のようなものを実感している方もチラホラ見られます。

 

ホワイトケアでは、クレイウォッシュ(泥洗顔)を使っただけでくすみが晴れたと言っている方も。

 

こればかりは個人差もあり一概には言えないのですが、美白コスメでは2,3か月継続的に使った方が効果的というのは一般的にも良く言われていますよね。

 

具体的な効果は気になりますが、毎日使うものなので使い心地や肌の調子を見て見る事もスキンケア探しでは大切かなと思います。

 

 

 ビーグレンって使い方は難しいですか?

 

 私は特に難しく感じる点はなかったです。

 

クレイウォッシュは濡れた顔につけるのが正しいのですが、最初使い方をチェックしていなくて乾いた肌にのせてしまったことはありますが…!

 

使い方のパンフレットも分かりやすいですし、目安量のカードも洗面台に置いておけるようになっていてとても使いやすかったです。

 

使い方動画につながるQRコードもついていますので随時確認できるのも頼もしいと感じました。

 

 

 ビーグレンにはセールがあるみたいなんですが、いつですか?

 

 ネット上で調べてみた所、これまでは年に4回(3,6,9、12月)にあったそうです。

 

セール中はトライアルセットも5%OFFになったり、現品は10〜20%も割引になるみたいです。

 

お得な時に買いたい方は公式サイトをチェックしてみると良いと思います!

 

 

 メンズも使って良いのでしょうか?

 

 はい。男性ユーザーもいらっしゃるみたいです。

 

健やかな肌でいたいのは女性も男性も一緒ですよね。

 

お手入れが初めてという男性も多いと思いますので、まずは少なめのアイテムからスキンケアを始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

個人的にはスッキリ洗顔できるクレイウォッシュや保湿もバッチリのハイドロキノン美容液がおすすめです。

 

 肝斑やそばかすもケアできますか?

 

 ビーグレン公式サイトによると、肝斑は通常のシミのお手入れよりは時間がかかるそうです。

 

紫外線に当たる事で濃くなってしまうそうですので、紫外線対策をこまめに実施し、メラニンの生成をブロックしてくれるビタミンCやハイドロキノンでお手入れしていくと良いと思います。

 

遺伝によるそばかすは、残念ながら化粧品で効果を実感する事が難しいみたいです。

 

そばかすも濃くしない、増やさない事が大事ですので美白ケアは続けたほうが良いと思います。

 

 

 ビーグレンって40代向けのスキンケアなんですか?

 

 いえいえ、私がたまたま40代というだけで、ホワイトケアに限って言うと20代前半から60代前半のユーザーさんの口コミが確認できました。

 

シミトラブルは年齢関係ないですし、ビーグレンとしても特に対象年齢は定めていないようですよ。

 

トライアルセットを使ってみて「良いな」と感じたら、どうぞ使い続けてみてください。

 

SNSでの反響の様子

 

 

 

ビーグレンにたどり着くまでに色々な美白スキンケアを試してきたという人はとても多いと思います。

 

使うたびに期待と不安が入り交じり、期待が裏切られる度に所詮無理なのかも…と諦めてきたという方も多いでしょう。

 

でも、スキンケアって様々な技術が新しく応用され、日々変化しています。

 

毎日使うスキンケアは実はコツコツ積み上げるのに最適なアイテム。

 

自分の肌って本来こんなにキレイだったんだ!という感動は自己肯定感を上げてくれますし、家族も大切だけど自分も大切にするきっかけにもなると思うんですよね。

 

ビーグレンが、あなたに満たされた毎日の生活の始まりをもたらしてくれると良いですね!